のぼりで演出、お祭りのムード

のぼりの設置には、大きな場所は不必要です。

人が一人立てる程度の広さがあれば、のぼりを立てることができます。

効果的に集客をしたいとき、限られた宣伝広告費の中で、いかに広告を打つかは、ビジネスの頭痛のタネでしょう。

人件費、販促費、時間やエネルギーを注ぎ込んでも、肝心の人がお店の前を通り過ぎてしまっては、せっかくのプロモーションやイベントの意味がないというものです。

不景気だから、人が入らないと言ってしまえば、それでビジネスチャンスはやってきません。

工夫して、集客率を上げることにこそ、ビジネスの楽しさがあるともいえます。

通り過ぎている人に、お店の存在をわかってもらうためにも、店頭はなるだけ明るく、いつも楽しいことが起こっているようなムードをつくることが大切です。

のぼりは、おまつり効果を上げて、何か楽しそうなことが起こっている気分を演出してくれます。

プロモーションしたい商材の写真をプリントしたり、太字で商品面をプリントしたりと、のぼりにはさまざまな可能性があります。

楽しい気持ちを演出するお店、いつもおまつり気分にさせてくれるお店には、足を向けたくなるもの。

集客効果は控えめなのぼりの存在を考えると、コスパが高いと言えるかもしれません。